猛暑で増加するスズメバチの脅威、生息域の異常な変化

スズメバチの被害は年々増えているようで、毎年20人前後の死亡者が出ています。
自宅の敷地内でスズメバチの巣を発見して、駆除を行う場合、自治体では駆除の方法を提示はしても、駆除の代行をしてくれることはほとんどありません。
温暖化の影響もあるのでしょうが、猛暑になるとスズメバチの巣作りも大きく広がります。

 

スズメバチは5月ぐらいに越冬した女王蜂が巣に適した場所を探して飛び回り、巣の場所を決めたら、1月ほどかけて幼虫を育てていきます。
気温が低くなると、女王蜂は一旦子育てを中止して、自身の体を震わせて幼虫が弱らないように体温を上げて巣を温めることに集中します。
しかし、この頃に夏日のような高温が続くと、女王蜂はほぼ餌やりに集中できるので、働きバチがどんどん育ちます。

 

つまり、猛暑になるということは、スズメバチの成長速度を早めてしまうことにつながるのです。
また、雨が続くと湿度も上がるので、巣を作る場所も少し高いところになる傾向があるので、巣の撤去も難しくなります。

 

スズメバチはその種類によっても巣を作る場所に特徴があります。
オオスズメバチの場合は、土の中や樹洞などに作りますが、藪の中や管理の行き届かない屋敷林は格好のテリトリーです。
草刈りで誤って巣を踏み抜いてしまい被害に遭うというケースもあります。

 

キイロスズメバチは軒下や屋根裏に巣を作ることが多いですが、あまり人の出入りのない物置や作業場、屋根裏の広い家屋に巣を作りやすいです。
身の回りにスズメバチが目立つようになったという場合は、身近に巣が作られている可能性があります。

 

さらに最近、空き家が増えたことで、ビジネス街に隣接する住宅地などにも平気で巣作りを行う都市型スズメバチが増加しています。
学校の通学路や通勤の途中で刺されたという話を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
スズメバチ被害は対岸の火事ではないということです。

 

通常は7月〜8月ぐらいにスズメバチの活動が最大期を迎えるのですが、近年、猛暑や梅雨時期でも気温の高い日が続くようになって、6月上旬でもスズメバチの活動が活発化し始めています。
活動時期が長くなることで、スズメバチ駆除の依頼も年々増加しています。
駆除の依頼をすることが出来なくて自分でやってしまい、結果として救急車を呼ぶような事態になることもあるようです。

 

スズメバチの駆除はやはりプロに任せる以外にありません。
被害が出る前に電話一本で駆けつけてくれる駆除業者もいますので、相談してみましょう。
基本的には、相談から現地調査、見積もりまでは無料です。迅速に対応してくれます。

 

今年も暑い夏がやってきます。ご自身や身近な方が被害に遭わないよう、是非プロの駆除業者にお願いしてください。

自分で駆除するのは危険、スズメバチの駆除はプロ任せの一択のみ!

スズメバチの駆除は、本当に大変ですよね。
猛暑が長引くとスズメバチは凶暴化します。民家の軒下や樹洞、果ては屋根裏まで至る所に巣を張ります。
蜂の巣の駆除は、他の害虫・害獣駆除とは大きく違い、緊急性が高いと言えます。

 

ゴキブリやねずみの出現はたしかに不快ですが、人命を脅かすことはありません。
蜂の巣は、特にスズメバチの巣は軒先や庭に蜂の巣ができてしまった、という状況になったら、最悪の場合、ご自身やご家族の生命にかかわることさえあります。
時にはご近所の方にまで、ご迷惑をおかけする事態にもなりかねませんよね。

 

しかし、実際に蜂の巣を目の前にして、スズメバチ駆除をどこに頼めば良いのか知っている人はほとんどいません。
もし、即日でスズメバチ駆除が出来て、かつ費用が安上がりになるがあれば知りたくありませんか?

 

ご利用シェアNo.1のハチ駆除サービス「ハチ110番」

スズメバチ駆除を専門とするあなたの街のハチ駆除業者へ完全無料で適正な見積を依頼。
危険な蜂の巣駆除に最短15分で駆けつけるのが、「ハチ110番」のサービスです。

 

駆除申込はとっても簡単な5ステップです。

スズメバチ駆除

 

「ハチ110番」の4つの強み
  • ハチ駆除業界最安値に挑戦
  • 最短15分で駆けつけてすぐに駆除
  • 再発防止で駆除後も安心
  • 高い技術力で徹底駆除

 

申込は無料ですので、お気軽にお申し込みください。